動かざることバグの如し

殿、温めておいたバグがこちらでございます

ディスクが壊れてGive root password for maintenanceで起動しない

環境

症状

ディスクが逝った。Linuxたんは賢いので、故障を検知すると自動でRead Onlyになる。

今回逝ったディスクはrootディスクじゃない別のデータ用ディスク。だからそのディスクだけ交換して再起動すればめでたしめでたし、かと思ったらそもそも起動しなくなった。なんと

*** An error occurred during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.
Give root password for maintenance
(or type Control-D to continue):

は??????rootディスクは逝ってないんだから普通に起動させてくれよ ここでCtrl+Dを押すと再起動してしまう

仕方ないので/etc/fstabで問題のディスクを編集して保存、できなかった。CentOSのやつ、全ディスクをReadOnlyにしやがる。当然rootディスクもReadOnlyのためfstabの保存ができない。

ググったら再マウントすればいいとのこと。

  • rootパスワードを入力してシェル画面へ
  • mount -o remount,rw / で再マウント
  • vim /etc/fstabで問題のディスクをコメントアウト
  • rebootで再起動

これで起動した。やれやれ

参考リンク