動かざることバグの如し

猫ゆえに。。。

ElasticsearchのReindex機能を使ってスキーマを変更する

スキーマって言うとめっちゃコラコラされそうだが。(正確にはmapping

環境

ElasticsearchのReindex APIElasticsearch 2.3.0以降で実装された機能で、その名の通り既存のindexのドキュメントをコピーすることができる。

ここではindex「twitter」から「twitter_new」にコピーするとする。

やりかた

まずコピー先のindexを先に作成する。

curl -XPUT localhost:9200/twitter_new -d@tw.json

当然中身はまだ空

次にreindex用のjsonをreindex.jsonとして用意する。typeは指定しないとindex内の全ドキュメントをコピーするので注意。

{
  "source": {
    "index": "twitter",
    "type": "tweet"
  },
  "dest": {
    "index": "twitter_new",
    "type": "tweet"
  }
}

あとは作ったjsonを指定してreindex APIを叩くだけ

curl -XPOST dev41:9200/_reindex -d@reindex.json

以下のような返ってくればおk

{
  "took": 16808,
  "timed_out": false,
  "total": 152257,
  "updated": 0,
  "created": 152257,
  "deleted": 0,
  "batches": 153,
  "version_conflicts": 0,
  "noops": 0,
  "retries": {
    "bulk": 0,
    "search": 0
  },
  "throttled_millis": 0,
  "requests_per_second": -1,
  "throttled_until_millis": 0,
  "failures": []
}