動かざることバグの如し

猫ゆえに。。。

CentOSでパフォーマンス出ないときはcpuspeedを疑え

要約

  • cpuspeedがCPUのパワーを勝手にセーブしている
  • 節電と温度のためにあるっぽいけど無効化しよう

経緯

とあるサーバーがスペックいいはずなのに、思ったよりスピードが出ない。

topコマンドとかログ見ても異常はとくにないし、、と思ったらどうやらcpuspeedというやつが勝手にCPUを抑制していた。

# cat /proc/cpuinfo|grep MHz
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1201.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1201.000
cpu MHz: 1201.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1201.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1201.000
cpu MHz: 1801.000

この時めっちゃ負荷かけてるのだから、本来はコア全部1800Mhz(1.8Ghz)になるはず。

cpuspeedの無効化

/etc/init.d/cpuspeed stop

再起動後もサービスが開始しないようにする

chkconfig cpuspeed off

無効化したあと

# cat /proc/cpuinfo|grep MHz
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000
cpu MHz: 1801.000

やったぜ。これでもう少し様子見 てかデフォルトで動くのやめてくれよ

広告を非表示にする