動かざることバグの如し

3分経てば忘れそうなことをメモします

PaintChainerをCPUだけで動かしてみる

自動で線画に着色してくれるすごいサービス、PaintsChainer

GPU環境じゃないと動かないと見せかけてCPUでも動くっぽいのでローカル環境で動かしてみた。

環境

  • Ubuntu Server16.04
  • Macでも動くけどOpenCVの環境揃えるの面倒だった
  • OpenCV3
  • このブログの過去記事でインスコ
  • Python 3.5.3
  • 3.5.0だとChainerがインストールできないので注意

Pythonのインストール

Ubuntuのデフォルトで入ってるPythonのバージョンが2.7だが、あまり環境を汚したくないのでpyenvで環境を用意する。

以下を参考にインストール

github.com

rbenvとコマンドは同じだが、 pyenv install 3.5.3 pyenv global 3.5.3 でおk

Chainerのインストール

以下参照

thr3a.hatenablog.com

ライブラリのインストール

pip install chainer opencv-python pillow

PaintChainerの実行

git clone https://github.com/pfnet/PaintsChainer.git
cd PaintsChainer
python server.py -g -1 -p 3000

これでhttp://localhost:3000を開けばサイトが表示される

オプション

optional arguments:
  -h, --help            show this help message and exit
  --gpu GPU, -g GPU     GPU ID (negative value indicates CPU)
  --mode MODE, -m MODE  set process mode
  --port PORT, -p PORT  using port
  --debug
  --host HOST, -ho HOST
  • CPUで動かす場合は-g -1を指定
  • vagrantとかローカルホスト以外で動かす場合は-ho 0.0.0.0をつける