動かざることバグの如し

3分経てば忘れそうなことをメモします

pymemo

環境

  • Ubuntu14.04
  • Python2.7.6

インストール

作業はすべてホームディレクトリ上で行うとする。あとpylearn2のインストール方法はgit clone

sudo apt-get install python-numpy python-scipy python-dev python-matplotlib python-pip python-setuptools git
sudo pip install Theano
git clone git://github.com/lisa-lab/pylearn2.git
cd pylearn2
python setup.py develop

ImportError: No module named nose.plugins.skipって出たらsudo pip install nose

後で使う「データの保存パス」を用意 別にpylearn2内じゃなくてもいいらしい

mkdir /pylearn2/pylearn2/data

.bascrcに登録しておく

export PYLEARN2_DATA_PATH=~/pylearn2/pylearn2/data

サンプルを動かす

テストデータの鉄板である手書き数字のデータセットを用いる

データ詳細は以下

  • 28 x 28 ピクセルの白黒画像で、0から9までの数字のいずれかの画像が沢山
  • 学習用データ60000個
  • テストデータ10000個

テストデータのダウンロード

さっきのPYLEARN2_DATA_PATHに保存される

python ~/pylearn2/pylearn2/scripts/datasets/download_mnist.py

サンプルを見てみる

データセットを定義したyamlファイルを~/pylearn2/pylearn2/scriptsdataset.yamlで作成

!obj:pylearn2.datasets.mnist.MNIST {
    which_set: 'train'
}

実行

python show_examples.py dataset.yaml --out dataset.png

img2sixel等でみると20*20の合計400件サンプルが表示される

学習

いわゆる特徴点抽出を行う