動かざることバグの如し

3分経てば忘れそうなことをメモします

Proxmox VEで2つのNICをbondingしてみる


そもそもbondingってなんぞ

ネットワークの分野で、コンピュータに装着された複数ネットワークアダプタ(NIC)を束ねて一つのアダプタとして運用し、負荷分散や帯域向上、耐障害性の向上を図る技術のことを「チャネルボンディング」(channel bonding)あるいは単にボンディングという。「チーミング」(teaming)とも呼ばれる。

やり方

Proxmoxがインストされている時点でbond機能がデフォルトで使えるようになっている

以下のように

root@home:~# cat /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet manual

auto eth1
iface eth1 inet manual

auto eth2
iface eth2 inet manual

auto bond0
iface bond0 inet manual
    bond_miimon 100
    bond_mode balance-alb
    bond-slaves eth0 eth1 eth2

#iface bond0 inet6 manual

auto vmbr0
iface vmbr0 inet static
    address 192.168.1.222
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.1.1
    dns-nameservers 192.168.1.1
    bridge_ports bond0
    bridge_stp off
    bridge_fd 0

ifconfig | grep HWaddr

# 確認

cat /proc/net/bonding/bond0