記事

Sublime Text3をUbuntu14.04にインストールしてみる

ダウンロード&インストール

公式サイトからDebパッケージダウンロードしてインストールしてもいいんだけど出来れば将来の事も考えてapt-getで管理したい。 そこでレポジトリを追加してインストールする

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/sublime-text-3
sudo apt-get update
sudo apt-get install sublime-text-installer

日本語化

  • SublimeText3を起動して「View」→「Show Console」をクリック
  • https://sublime.wbond.net/installation#st3 から例の1行をコピー
  • 先ほどのコンソールに貼り付けてエンター
  • 「Ctrl + Shift + p」でPackage Controlを開く
  • 「install」で検索し「Package Control:Install Package」を選択
  • japanize」で検索し「Japanize」を選択
  • read.meが表示されればインストール終了 以下のコマンドを実行
cd ~/.config/sublime-text-3/Packages/
mkdir Default
cp Japanize/*.jp Default/
rename 's/.jp//' *.jp
cp Japanize/Main.sublime-menu User/

日本語入力を可能に

今Fcitx使ってるけど残念ながらSublimeText3が入力できない。さすがにそれはキツイので対処

gcc -shared -o libsublime-imfix.so sublime_imfix.c  `pkg-config --libs --cflags gtk+-2.0` -fPIC
  • ビルド環境が入ってない場合は以下をインストール
sudo apt-get install build-essential libgtk2.0-dev
  • 成功するとlibsublime-imfix.soファイルができるのでコピー
sudo cp libsublime-imfix.so /opt/sublime_text/
  • /usr/bin/sublより以下を追記

以下の部分を追記

#!/bin/sh
//ここから
export LD_PRELOAD=/opt/sublime_text/libsublime-imfix.so
//ここまで
exec /opt/sublime_text/sublime_text "$@"
  • メニューから起動した時も動作するように実行パスを変更。メニューよりコマンドを「/opt/sublime_text/sublime_text %F」から「/usr/bin/subl %F」に変更

設定

平成27年2月20日現在

{
    "atomic_save": false,
    "color_scheme": "Packages/Seti_UI/Scheme/Seti.tmTheme",
    "default_encoding": "UTF-8",
    "fallback_encoding": "UTF-8",
    "font_size": 11,
    "ignored_packages":
    [
        "Vintage"
    ],
    "show_encoding": true,
    "theme": "Seti.sublime-theme"
}