読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッファローの無線LAN「WHR-G301N」をDD-WRT化してみる

今度はWHR-G301NにDD-WRTファームウェアをブチ込んでみた

ファームウェアをダウンロード

今回は2個のファームウェアが必要になる

  • buffalo-to-dd-wrt_webflash-MULTI.bin(2011-06-14 版)
  • whr-g300nv2-firmware-MULTI.bin(2014-06-24 版)

まずbuffalo-to-dd-wrt_webflash-MULTI.binを以下からダウンロード (Downloads › others › eko › BrainSlayer-V24-preSP2 › 2011 › 06-14-11-r17201 › buffalo_whr_g300nv2)

http://www.dd-wrt.com/site/support/other-downloads?path=others%2Feko%2FBrainSlayer-V24-preSP2%2F

本来なら最新版使うべきなんだろうけど最新版のbuffalo-to-dd-wrt_webflash-MULTI.binだと「ファームウェアデータが正しくありません。再起動します。」って怒られて改造できないのであえて古いのを使う。

もう1つのwhr-g300nv2-firmware-MULTI.binは最新版でおk。今回は06-23-2014-r24461をダウンロードした

ファームウェアの更新

buffalo-to-dd-wrt_webflash-MULTI.bin→whr-g300nv2-firmware-MULTI.binの順番でファームウェアを更新する

その他

ルータの設定は192.168.1.1

VPN

ネットワーク→PPTPサーバー/クライアントにて「PPTP Server」を有効化

  • Broadcast supportを有効化
  • サーバーIPを192.168.1.1
  • Client IP(s)を192.168.1.200-230
  • AuthenticationはLocal User Management (CHAP Secrets)
  • CHAP-Secretsは「ユーザー名 * パスワード *」のように記述する以下は例
user1 * hogehoge *
user2 * piyopiyo *

マスカレード設定

前もって初期設定が必要 管理→コマンド実行より以下をテキストボックスに貼る

iptables -t nat -A POSTROUTING -j MASQUERADE

下の方にある「Firewallスクリプトとして保存」ボタンをクリック、再起動

これで初期設定はできたので実際にポートを開ける。ポート開放は「NAT / QoS」→「アドレス変換(Port)」にて設定

  • アプリケーション名は任意の名前
  • プロトコルは両方
  • Source Netは空白
  • WAN側ポートは相手側から接続してくるポート番号
  • IPアドレスは192.168.123とか
  • LAN側ポートはこちら側のポート番号
  • 有効にチェックを忘れずに