動かざることバグの如し

猫ゆえに。。。

ArchLinux+LXDEで最低限のGUI環境を整える(暫定版)

第一段階

loadkeys jp106

パーティション設定

cfdisk /dev/sda

New ---> Primary ---> 任意 ---> Beginning ---> Bootable ---> Write

最後のブートフラグ忘れると起動しないので注意。

フォーマット

mkfs.ext4 /dev/sda1

確認

lsblk /dev/sda
mount /dev/sda1 /mnt

ミラー一覧に記載されているURLのうち、日本サーバーを上位に持ってくる。

nano /etc/pacman.d/mirrorlist
## Score: 1.5, Japan
Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch
pacstrap /mnt base base-devel

fstabの作成

genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

此処から先はchrootで作業

arch-chroot /mnt
nano /etc/locale.gen

以下の2行をコメントアウト

en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8

各種日本向にローカライズしていく

echo KEYMAP="jp106" > /etc/vconsole.conf
echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf
ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ホストネームの設定

echo hoge > /etc/hostname

grubを使ってインストール

pacman -S grub
grub-install --recheck /dev/sda
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

dhcpcdを有効化しておくと次回から勝手に接続される。

systemctl enable dhcpcd.service

再起動

exit
umount -R /mnt
reboot

第二段階

ユーザーの追加

useradd -m -G wheel thr3a
passwd thr3a

sudoをインスコ

pacman -S sudo
echo '%wheel ALL=(ALL) ALL' >> /etc/sudoers

GUI環境を整える

sudo pacman -S xorg-server xorg-xinit xorg-server-utils lxde
systemctl enable lxdm.service
systemctl start lxdm.service

各種インストール

sudo pacman -S chromium otf-ipafont wpa_supplicant wireless_tools alsa-utils convmv leafpad

なお

音の設定

alsamixer

設定画面が出るので「master」を1以上にする。(デフォルト0)

日本語キーボードに設定

sudo nano /etc/X11/xorg.conf.d/01-keyboard-layout.conf

以下を新規書き込み

Section "InputClass"
Identifier "keyboard-layout"
MatchIsKeyboard "yes"
Option "XkbModel" "jp106"
Option "XkbLayout" "jp" 
EndSection

日本語変換ソフトをインストール

/etc/pacman.conf に追加

[pnsft-pur]
SigLevel = Optional TrustAll
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/pnsft-aur/pur/$arch
pacman -Syy
pacman -S mozc ibus-mozc

~/.bashrcに追記

export XMODIFIERS="@im=ibus"
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export QT_IM_MODULE="xim"
ibus-daemon -drx &