読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

例の中二病わーど

$tyu2Words = array(
'本質は見え隠れするから、惑わされないことだ。',
'妥協点は段階的だ。一段超えてしまうと飛躍的に跳ね上がってしまう。',
'現実と非現実を区別できないならば、幻想の世界に身をおいたのと同じ。',
'時系列に編集しただけでは、ただの歴史である。',
'新しい命が育まれるに等しく失われた命もある。',
'誘惑の次には幻滅が待っている。',
'必要な物だけを選択して生きるのが賢い生き方だ。',
'おそらくこれが最後の言葉になると思う。',
'皮肉でもって笑いを誘うのが一番である。',
'栄華と反映の果てには混沌の世界が待っている。',
'今そこにあるものがどんなものかは分からないが、それを見つめるのだ。',
'当面の目的を見失ってはならない。',
'時流に乗るのか、逆らうのかは己の選択に委ねるだけだ。',
'真の実力たるもの、名を語らずにはいられない。',
'愛は裏切りを産み、この世を滅ぼす原因となる。',
'己の力を開放するとき新世界の幕開けが始まる。',
'愛と勇気は友達などではない。',
'身を滅ぼすことに主眼をおいてはならない。',
'忘却の彼方に消し去ってしまいたいものだ。',
'内面から沸き起こる衝動、これを抑圧するスキルは磨ける。',
'常に舐められない方法を探すことが重要である。',
'特に大それたことをする必要はないのである。',
'長年の月日をかけて研究を積み重ねてきた結果が今ここにある。',
'古代から伝わる童謡には、惨劇を綴るものが少なくない。',
'歴史ごときに振り回されている感は否めない。',
'履歴を探って真実を突き止めるのがよい。',
'俺は感情を押し殺して日々を生きている。',
'大切なのは事実は一つではないと認識することだ。',
'この世界に生まれ堕ち自ら死を選ばずに生きながらえている。',
'邪道こそが真の王道である。',
'気持ちの問題であるからして動じないのが大人な対応である。',
'別に排他的な思考に陥るのを否定するわけではない。',
'泥臭い総力戦になるのは覚悟しているようだ。当然、準備はできているだろう?',
'煉獄の使い魔どもが俺を蔑んだ目で見つめている。',
'その情報が確かなら敵はすぐ近くにいるということだ。',
'故に過ちを犯したくなるというものだ。',
'新しい答えを常に探してゆくことだ。',
'そんなことは今はどうでもいいのであるが……。',
'最大の原因は自分にある。',
'隙がないことが良いと思っていないか? それは間違いだ。',
'人間風情に高説を説いて回るのは趣味ではない。',
'記憶が無くなるという現象は、並列世界によって処理された記憶の改竄である。',
'記憶の改竄とはすなわち現実世界との乖離である。',
'だが、愛を捨てる行為こそ愛なしでは成し得ない。',
'稚拙な言葉がこの世に蔓延して久しい。',
'闇に隠れた真実の追求こそが我らに課せられた使命なのだから。',
'当たり障りのない文言でお茶を濁すのがよかろう。',
'己の幻想を捨て巷にあふれる俗物を排除するのはどうだろうか。',
'敵との遭遇に対して気を配るのを忘れないようにするわけだ。',
'若さ故の過ちとはこのことだ。',
'事実はともかく話が衝撃的なだけで話題沸騰とは笑わせる。',
);