動かざることバグの如し

猫ゆえに。。。

USBブートで作る私的レスキューセット

前々から作らなきゃ・・・とは思っていた。CDブートの時代は終わりだぜ!!!
特にUSBブートによるWindowsPEの起動はやったことなかったし。

今回ぶち込んだOSは以下

  • Windows PE(Macrium Reflectリカバリ専用)
  • Puppy Linux4.3.1日本語版
  • Lubuntu 13.10
  • GParted Live

これだけいれても2GBのUSBに余裕で入るんだから驚きだよね

GRUB4DOSのインストール

これが一番躓いた気が
いろいろ試してみたけどなかなかWindowsからだとGrubのインストールに上手くいかず、結局RMPrepUSBでできた。
ここからRMPrepUSB_Portable_v2.1.716.zipをダウンロード&解凍
RMPREPUSB.exeを実行
インストールしたいUSBを指定して以下のスクショのように設定
f:id:thr3a:20140101213424j:plain
左下の水色のボタン①をクリックするとフォーマット開始
右側の②クリックでGrubがインスコされる

あとはとにかくOSをぶち込んでいく
ファイル構造はこんな感じ

G:\
│  grldr
│  menu.lst
│  
├─macrium
│      winPE_5.2.6444.iso
│      
├─puppy
│      pup_431.sfs
│      vmlinuz
│      initrd.gz
│      
├─ubuntu
│      lubuntu-13.10-desktop-i386.iso
│      
└─gparted
        gparted-live-0.17.0-1-i486.iso

肝心のmenu.lstは以下

title Windows PE for Macrium Reflect
find --set-root /macrium/winPE_5.2.6444.iso
map /macrium/winPE_5.2.6444.iso (0xff) || map --mem /macrium/winPE_5.2.6444.iso (0xff)
map --hook
chainloader (0xff)

title Puppy Linux4.3.1J
root (hd0,0)
kernel /puppy/vmlinuz pmedia=usbflash
initrd /puppy/initrd.gz

title Lubuntu 13.10
map --heads=0 --sectors-per-track=0 /ubuntu/lubuntu-13.10-desktop-i386.iso (0xff) || map --mem --heads=0 --sectors-per-track=0 /ubuntu/lubuntu-13.10-desktop-i386.iso (0xff)
map --hook
root (0xff)
kernel /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper iso-scan/filename=/ubuntu/lubuntu-13.10-desktop-i386.iso noeject quiet splash -- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode=jp keyboard-configuration/modelcode=jp106
initrd /casper/initrd.lz

title GParted Live
find --set-root /gparted/gparted-live-0.17.0-1-i486.iso
map /gparted/gparted-live-0.17.0-1-i486.iso (0xff) || map --mem /gparted/gparted-live-0.17.0-1-i486.iso (0xff)
map --hook
root (0xff)
kernel /live/vmlinuz  boot=live config union=aufs noswap noprompt vga=788 ip=frommedia findiso=/gparted/gparted-live-0.17.0-1-i486.iso toram=filesystem.squashfs
initrd /live/initrd.img

title Reboot
reboot