読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 16.04にOpenCV 3.1をインストールする手順

ubuntu opencv

下準備

sudo apt-get install build-essential cmake git
sudo apt-get install ffmpeg libopencv-dev libgtk-3-dev python-numpy python3-numpy libdc1394-22 libdc1394-22-dev libjpeg-dev libpng12-dev libtiff5-dev libjasper-dev libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libxine2-dev libgstreamer1.0-dev libgstreamer-plugins-base1.0-dev libv4l-dev libtbb-dev qtbase5-dev libfaac-dev libmp3lame-dev libopencore-amrnb-dev libopencore-amrwb-dev libtheora-dev libvorbis-dev libxvidcore-dev x264 v4l-utils unzip

ダウンロード

wget https://github.com/Itseez/opencv/archive/3.1.0.zip
unzip 3.1.0

ビルド用のディレクトリを作成

cd opencv-3.1.0
mkdir build
cd build

コンパイル

cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local -D WITH_TBB=ON -D WITH_V4L=ON -D WITH_QT=ON -D WITH_OPENGL=ON ..
make
sudo make install
sudo /bin/bash -c 'echo "/usr/local/lib" > /etc/ld.so.conf.d/opencv.conf'
sudo ldconfig

【Mac】Rails consoleで日本語が入力できない問題

ruby

症状

rails cRailsのコンソールが開くけどここで日本語が入力できない(文字化けする)

これはRailsにかぎらずpryやirbでも同様な文字化けが発生する

原因

入力された文字をirb側に渡すライブラリがデフォルトだと「libedit」というやつだが、コイツが日本語に対応していない模様。そこで日本語対応のライブラリである「readline」に変更すればいける。

手順

ruby再インストールになる() バージョンは適宜読み替えて

$ rbenv uninstall 2.3.1

# readlineのinstall
$ brew install readline
$ brew link readline --force

# readlineを利用してruby再install
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline)"
$ rbenv install 2.3.1

初心者がNodeJSでBabelとgulpをインストールする

es2016 javascript nodejs

ES2015とかなんぞいって奴がちゃんと1から環境の構築をしてみる

環境

bash-3.2$ node -v
v5.12.0
bash-3.2$ npm -v
3.10.6

babelのインストール

まずはbabelのインストールから始める。

npm install-D babel-cli

適当にa.jsでもつくって以下

const myfunc = (x) => {
  return x * x;
};
console.log(myfunc(19));

いざコンパイル

./node_modules/.bin/babel a.js

ふぇえ

bash-3.2$ ./node_modules/.bin/babel a.js
Error: Couldn't find preset "es2015" relative to directory "/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2"
    at /Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/options/option-manager.js:313:17
    at Array.map (native)
    at OptionManager.resolvePresets (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/options/option-manager.js:305:20)
    at OptionManager.mergePresets (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/options/option-manager.js:288:10)
    at OptionManager.mergeOptions (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/options/option-manager.js:264:14)
    at OptionManager.init (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/options/option-manager.js:360:12)
    at File.initOptions (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/index.js:223:65)
    at new File (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/file/index.js:140:24)
    at Pipeline.transform (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-core/lib/transformation/pipeline.js:46:16)
    at transform (/Users/thr3a/nodejs/sugukesu2/node_modules/babel-cli/lib/babel/util.js:52:22)

エラーには書かれてないが原因はどのプラグインを使って変換するかがBabelがわかっていない。プラグインは別途インストールする必要がある

npm install -D babel-preset-es2015

.babelrcを直下に作成し以下

{
  "presets": ["es2015"]
}

再挑戦

bash-3.2$ ./node_modules/.bin/babel a.js
"use strict";

var myfunc = function myfunc(x) {
  return x * x;
};
console.log(myfunc(19));

やっためう

Gulpによるタスク管理 自動化

毎回 ./node_modules/.bin/babel a.js 叩いてたら辛いでしょう、ってことでgulpをインストール

npm install -D gulp

忘れがちだけどgulpは何もbabel専用ではない。別途橋渡しになるプラグインが必要。

npm install -D gulp-babel

mkdir src distで適当にディレクトリ作る。で直下に gulpfile.js を作成し以下 これがgulpの行うタスク一覧となる

var gulp = require('gulp');
var babel = require('gulp-babel');
var src_dir = './src/*.js'
gulp.task('default', function () {
  return gulp.src(src_dir)
    .pipe(babel())
    .pipe(gulp.dest('dist'));
});
gulp.task('watch', function(){
    gulp.watch(src_dir, ['default']);
});

毎回./node_module/.binから叩くのもつらいのでpackage.jsonにコマンドを登録しておく。これでnpmコマンド経由で実行できる

  "scripts": {
    "build": "gulp",
    "watch": "gulp watch"
  },

いざ実行

npm run build
npm run watch

やっためう

Chrome拡張機能「SearchPreview」がスパイウェアになった件

正確にはスパイウェアになったかも「しれない」件

SearchPreviewはGoogleの検索結果にページのスクショを追加で表示してくれるChrome拡張機能拡張機能の中でも老舗のほうだった。

chrome.google.com

結構便利だったのだが、今日見ると「SearchPreviewをご利用になるには新たな権限を付与する必要があります」と。へ?

で見ると

多数のウェブサイト上にある自分の全データの読み取りと変更

これはw

悲しいですがアンインストールした